イギリスのカジノの規制はどうか

オンカジマニアブログ記事いよいよ仮想通貨カジノスロットゲームが登場!ビットコイン導入へも一緒にどうぞ
世界中でカジノ場がありますが、イギリスはその中で積極的にカジノを認めている場所になります。もともと、日本とは異なりカジノができた場所の一つになりますので、積極的にイギリスの収入源になっていることも否定できません。よそに、外国からの資金が流入してくるきっかけの場所になっているためこれを認めていることになります。つまり、カジノそのものに対する規制は存在しないのがポイントです。

もし日本人が遊びに行く場合には、日本人だからといって何か問題があるわけではなくパスポートさえ持って行けば自由に遊ぶことができるでしょう。ただ、服装などには注意をしなければならないことを知っておくべきです。具体的にどのような服装がよいかといえば、基本的にはスーツやタキシードなどの正装でいった方がよいかもしれません。それなりにお金持ちがたくさん集まるところですので、あまり旅行者のようなカジュアルな格好でいっても周りの人から変な目で見られるだけでなくそもそも中に入れない可能性があります。確かにパスポートは強力な武器といえますがそれだけで中に入れるかどうかは別の話しになります。女性の場合には、フォーマルな格好をしていれば十分でそこまで気合いを入れていく必要がありません。

イギリスにおけるカジノ合法化の歴史

日本では2016年12月にカジノ法案が可決されましたが、まだ合法化は実現していません。カジノ法案の正式名称は統合型リゾート施設整備推進法案といいます。「推進」とあるように、今はカジノ合法化に向けて法律を整備している最中です。G8(主要8か国首脳会議)の中でカジノが違法とされているのは実は日本だけです。IR法の施行に向けて、当然すでに成功している国の法律が参考にされています。ここではイギリスのカジノ合法化の歴史を見てみます。

イギリスでは1960年に最初の賭博法ができました。イギリスではそれ以前はギャンブルは禁止されていましたが、法律で禁止されているにも関わらず賭博は増え続けました。そこで、禁止をするよりも政府がライセンスを発行して18歳以上の合法的な年齢による公営のギャンブル場を設置・管理したほうがいいという考え方に変わったようです。つまり、1960年にイギリスで施行された賭博法は「ギャンブル解禁法」とも言えます。禁止を強めれば逆に犯罪が増える、適正に管理をすれば社会に悪影響を及ぼすとは言えないなどの理由が背景にあります。その後2001年の報告書でこの法律が間違っていなかったと確認され、2003年に法律が大幅に緩和されました。
カジノVIPジャンケット業者の仕組みとは?(マネージャーシステム)オンカジおススメ情報もチェック

イギリスカジノの税金の仕組みは

カジノといえばアメリカのラスベガスが有名ですが、もともとの本場はヨーロッパです。そのヨーロッパの国のひとつであるイギリスはブックメーカーがあるなどギャンブルが盛んに思われがちですが、実際に法律が整備されたのは1968年と遅いものです。この時のイギリスの考え方としては禁止するよりは合法化して管理するという消極的な方針で、その結果会員制が基本であり大衆娯楽として広がるものではなくイギリスのカジノはそれほど有名ではありませんでした。2005年には会員制でなくても運営できるようになりましたが、名だたる有名カジノは会員制をとっているところも多くあり、この場合には入会申請をした上で24時間経過しなければ遊ぶことができません。このためイギリスで遊ぶ場合には気軽に立ち寄って遊ぶということができないところもあるので注意が必要です。

オンカジ最新情報は確認した?バカラVIP賭け方の必勝法13選を紹介!ハイローラーの勝ち方とは?
一方でカジノで勝った場合に気になるのが税金です。基本的にはイギリスで課税されることはありません。これは他の国でも同様です。ただし帰国したさいには勝ったお金は所得となるため税務申告が必要になります。また出国時には1万ユーロ相当額以上は持ち出し申告が必要です。これらのトラブルに遭遇した時のために換金した場合には必ず証明証をもらっておき、そのお金の出処を証明できるようにしておかなければなりません。

イギリスのカジノの年齢制限について

カジノの年齢制限は国によって違います。イギリスの年齢制限は18歳以上です。マカオが21歳以上になりますので、イギリスでは比較的若い年齢からカジノデビューをすることができます。入場するときには年齢を確認するためにパスポートが必要です。パスポートを忘れると18歳以上でも入場することができなくなりますので、気を付けなければなりません。またドレスコードもあります。サンダルなどはNGなので、きちんとした靴を履かなければなりません。

イギリスで賑わっているのがアスパーズカジノ・ウェストフィールド・ストラットフォードシティです。ロンドンオリンピックの直前にオープンしました。駅からのアクセスが良いので、ショッピングのついでに初心者でも利用しやすい雰囲気です。ブラックジャック、ブラックジャックスイッチ、ルーレット、プントバンコ、スロットマシンなどで遊ぶことができます。
オンカジブログ記事確認しましたか?ブラックジャックを確率論と運で攻略する!優位性を保つプロのかけ方とは?

また、イギリスで一番有名なのが、ヒポドロームカジノです。創業して、100年以上経つため歴史があります。レストランやバーもありますので、楽しめます。またマジックショーなどのエンターテインメントのショーもありますので、そのショーを目的に訪れることもできます。

イギリスのカジノの特徴とある場所

カジノとイギリスというとあまり印象がないかもしれません。しかし紳士の国であるイギリスにも昔から歴史のあるカジノがいくつか存在しています。場所はロンドンを始めとした観光地の高級ホテルに隣接していることが多く、定番のルーレットやブラックジャックといったカードゲームを楽しむことができます。
オカダマニラベイリゾーツカジノホテル(フィリピン)のあれこれこちら見ていない方はチェック

イギリスのカジノには独特のルールがあって、入場するためには会員に連れて行ってもらうか、申請を出す必要があります。会員と同行する場合はそのまま入場できるので、特に手続きなどは必要ありません。しかし申請を出して許可を得る場合は、申請してから24時間経たなければ入場できないという規則があるので注意してください。

イギリスに旅行に行って昼間は観光をして夜カジノで遊ぼうと思ったら、申請していないので入場できなかったということになりかねません。場所の確認も大切ですが、まずは問題なく入場できるように申請は前もって出しておくようにしたほうがいいでしょう。
申請してから24時間ルールに関しては、イギリスの賭博法によって決められているので諦めて大人しく24時間経つのを待ちましょう。
ただし近年では非会員制の場所も登場してきているようです。

イギリスのカジノは初心者におすすめ

ヨーロッパでは、王侯貴族が集まってゲームに興じていたという歴史があり、カジノは上流階級の高貴な遊びという流れがあります。イギリスのカジノは、品がありかつての高貴な遊びという歴史や雰囲気を感じながら、ゲームを楽しむことができるので、初心者におすすめです。比較的定額から遊ぶことができることや品があることが多いため初心者でも安心して遊ぶことができる雰囲気であることもおすすめの理由のひとつです。イギリスは、観光地も多く世界中から観光客が訪れる人気のスポットでもあるので、観光のついでに立ち寄りやすく、カジノに初めて挑戦するという人も多いという特徴があります。

イギリスでカジノに行く場合には、ドレスコードに気を付けることが必要です。タキシードやイブニングドレスなどの正装までは必要ありませんが、男性ならジャケットとシャツに革靴、女性ならワンピースにパンプスなどのフォーマルな雰囲気がある服装をすると安心です。サンダルやスリッパなどのかかとがない靴の場合には入場を断られることがあります。入場をするときには年齢確認のためにパスポートをチェックされ、会員カードを作るときにも必要になるので、パスポートを忘れずに持って行きましょう。
ネットカジノおススメ情報はこちら韓国カジノホテルランキング/比較・評判

イギリスのカジノの行き方について

イギリスのカジノを利用したいときは、事前にどこを利用したいか決めておく必要があります。会員登録が必要なところは申し込んでから24時間経過しなければ利用できないため、早めの調査が重要です。会員になっていない人は入国後すぐに申し込みをしても1日待たなければいけないので、何日か宿泊する旅行を計画しておきましょう。事前にカジノの情報を調べておけば行き方も分かるので、イギリスで迷って貴重な時間を浪費する事も防げます。もし会員登録するのを忘れたという場合は、観光客が気軽に利用できる場所に行くと良いでしょう。あまり服装に厳しくないところもあるため、観光時にスーツを持ち歩きたくない人も安心です。

カジノを利用する前に営業時間について確認しておく事も、重要なポイントです。中には24時間営業をしているところもあるので、昼間にカジノを楽しむ事ができます。女性が利用する場合は、可能な限りホテルに近いところを選ぶと安全面でも安心できるでしょう。内部の雰囲気も重視すれば、居心地の良い空間で賭け事を楽しむ事ができます。美味しい食事を提供する場所が近くにあるかという点も選ぶときに重要で、満足度の高い旅行にしたいときは周辺情報も集めてください。

イギリスにもカジノがある!服装は?

まずイギリスといえば、紳士的でお堅い国というイメージを持つ方も沢山いらっしゃるでしょう。しかしヨーロッパの中でもギャンブルが盛んな国で、カジノとの関わりがとても深い一面があるのです。日本では規制されているものの、国内にはなんと120軒のカジノが存在しているとの事。大人の社公場として数多くの方が集まるスポットとされています。

とはいってもギャンブルですからルールは定められているのです。ドレスコード制定を導入し服装を規定していたり、会員登録後24時間後でなければ入場出来なかったりアルコールの提供を禁止しています。運営側で賭博の管理をしているので、特に初心者の方は安心と安全の中で遊ぶ事が出来ますよね。とはいっても「すぐに入れるカジノ」も誕生しているとの事。24時間ルールや会員制という絶対的なルールはありますが、規制緩和された事で新たな体制もあるでしょう。また年齢制限は18歳以上と決められており、会員になるためのメンバーカードを発行するのにパスポートの提示が必要なので、用意しておく事が大切ですね。

またイギリスで遊べるカジノは、ルーレットやバカラやブラックジャック等の定番ゲームが主流とされています。

イギリスのカジノのレートを知ろう!

カジノは様々な国にあり、色々の人たちに楽しまれています。旅行の際の楽しみの一つだという人もいるのではないでしょうか。
特にその中でイギリスは、カジノはもちろん、ブックメーカーなども充実しており、好きな人にはたまらない国であるといえます。
ロンドンやリバプールといった有名な都市にカジノがあるため、観光などの際でも立ち寄りやすいのが長所です。
場所によって、遊べるゲームの種類や、掛け金の最小単位であるミニマムレートなどに違いがあるため、自分のやりたいゲームがあるところや、予算に応じた選択をするのが良いでしょう。

そこで遊ぶためにはお金を両替する必要がありますが、どこで両替するのが良いのでしょうか。イギリスでは両替専門の業者や、ホテル内などで両替できますが、銀行か郵便局で両替するのが1番レートが良いとされています。
さらにミニマムレートに関しても知っておく必要があります。その場所によって違うのですが、ルーレットなどはミニマムレートは比較的低めで、ブラックジャック、バカラなどはそれよりも少し高めといったところです。
さらに入店に関してもドレスコードが必要な店、会員登録のみでサンダルなどラフすぎる格好でなければOKな所など様々です。そういったことも事前に調べておくと良いでしょう。

イギリスのカジノでも必勝法は見つけられなかった

イギリスは賭け事が大人の嗜みとして扱われている国であり、多くの人が古くからカジノでゲームを楽しんできました。
日本の暗いイメージとは違い、イギリスのカジノは社交場のような場所でもあったのです。
そして、多くの人たちがなんとか勝つことができないかと、様々な戦略を練ってきましたが、長い歴史があるにもかかわらず必勝法を見つける人は誰も現れませんでした。
これからも出ないという保証はありませんから、いつかは発見される可能性もありますが、現実的に考えればそれは不可能なことであり、必勝法というのは存在しないということになります。

すでに数学的にもカジノが勝つようにできていることが証明されているため、必勝法というのはありえないのです。
それでは勝てないゲームに参加をするのは意味がないのではということになりますが、決してそのようなことはなく、勝つことができないものをなんとか勝とうと試行錯誤するのが面白いものですし、自分なりの必勝法のようなものを見つけるというのも楽しみ方の一つです。
負けるということを理解しながら、それをなんとかしようと熱くならない程度に嗜んでいくのであれば、失ったお金以上に十分に楽しむことができ、その分だけ儲けたと言えるでしょう。
ネットカジノマニアのブログビーナスポイント対応オンラインカジノを紹介します!(VenusPoint)の記事はもう見ましたか?